民事司法懇のキャッチコピー
民事司法部

2014年6月20日:司法シンポジウム・プレシンポジウムを共催いたします。

第26回 司法シンポジウム・プレシンポジウム

「いま司法は国民の期待にこたえているか ~我が国の民事司法の現状と課題~」

【主催】東京弁護士会,第一東京弁護士会,第二東京弁護士会,日本弁護士連合会

【共催】民事司法を利用しやすくする懇談会

【後援】東京都,公益社団法人経済同友会,日本商工会議所,
    一般社団法人全国消費者団体連絡会,主婦連合会,
    日本労働組合総連合会,公益社団法人日本青年会議所,関東弁護士会連合会

【日時】2014年6月20日(金)午後6時~午後8時30分(開場 午後5時)

【場所】よみうりホール(読売会館7階)

【開催趣旨】
 2001年6月に司法制度改革審議会意見書が発表されたことを受けて着手された司法制度改革において,刑事司法改革は相当程度進んだ。しかし,民事・家事・商事をはじめアクセス費用,証拠の充実,判決の執行,行政訴訟改革,司法基盤整備などの分野には手付かずの課題も多く,国民・市民から見て利用しにくい,満足がゆかないという声も多い。

 本シンポジウムにおいては,これらの課題について,
①国内・国際的視点から,社会・経済活動を支える真のセーフティネットとして機能しているのかどうか
②民事司法を利用しにくくしている原因はなにか
③利用しやすい民事司法にするためにはどういう改革が必要か
を海外比較等も踏まえた多くのデータ(当日シンポジウムで資料配付予定)に基づき検証し,各界各層の代表を交えて議論する。

【プログラム(予定)】
○総合司会 菊間 千乃氏(弁護士)

○第一部  オープニングメッセージ
      村尾 信尚氏(NEWS ZERO メーンキャスター,関西学院大学大学院教授)

○第二部  パネルディスカッション
      片山 善博氏(慶應義塾大学法学部教授)
      柴山 昌彦氏(自由民主党 衆議院議員)
      小川 敏夫氏(民主党 参議院議員)
      冨山 和彦氏(経済同友会 副代表幹事)
      河野 康子氏(全国消費者団体連絡会 事務局長)
      新谷 信幸氏(日本労働組合総連合会 総合労働局長)
      山本 和彦氏(一橋大学大学院法学研究科教授)
      嶌  信彦氏(ジャーナリスト)
      中本 和洋氏(日弁連 民事司法改革推進本部本部長代行)

※日弁連HPも御覧ください。
 http://www.nichibenren.or.jp/event/year/2014/140620.html